かん  だ  でら
      旧 法禅寺・旧 安民寺

真理通信

 

 

 

交通案内

 

 

法務案内

 

 

  第89号 平成27年(2015年)121日発行



巻頭


身に 語(ことぱ)に 意(おもい)に
悪を作(な)すことなく
この三(みつ)の処(ところ)に
心 ととのうるもの
われ彼を 婆羅門(ばらもん)と謂(い)わん
                          (法句経 391)


◇新:法句経講義47◇
<※「新・法句経講義」は、巻頭ページ掲載の法句経について解説しています。>

 「身」は行ない、「語」は言葉、「意.lは思いのことで、この三つを整えること、
正しくすることが、仏教徒の目標・理想とされます。この三つは三業(さんごう)と言われ、
「身口意」(しんくい)の三業とも言われます。
 「身を正す」というのは、身体の形、姿勢を整えることから始まって、行動・所作
全般を正していくこと。「言葉を正す」というのは、正しい言葉づかい。口は災いの
もとですから、相手に不快感を与えない言葉を使うことも大切です。「思いを正す」
というのは、さらに大変なことです。何を考えていても、何を思っていても、誰にも
分からないかも知れません。でも、それでは正しい行動は生まれません。思いが人の
行動のもとになります。
 随分難しい課題がならんでいるようですが、僧侶の修行法として、「一掃除、二勤行、
三学問jというのがあります。一番目はまず身のまわりの掃除、二番目はお勤め(読経)、
三番目は勉強という方法です。まず身辺を整え、お経を読んで正しい言葉をとなえ、
学びのなかに心の向上をめざす― というのです。
 それぞれの生活のなかで、それぞれの実践が求められています。

仏教豆知識 67

 三昧

 三昧(さんまい)は、物ごとに集中する様子を言います。読書三昧、釣り三昧、仕事三昧、
最近ではスマホ三昧。そればっかりしている状態です。もとはインドの言葉(サンスクリット)の
サマーディ(Samādhi)を漢字に写した言葉で、心を一つの対象に集中することを言い
仏教の大切な修行法の一つとされます。仏教は、「瞑想の宗教」と言われますが、まさに
瞑想の第一歩が三昧です。昧(まい)という字は、「味」と紛らわしい字ですが、ここでは
漢字としての意味はありません。ちなみに「昧」とは、日が出る前の暗い状態を指す言葉
で、「三昧」以外にはあまり使われない字です。



 主管所感 >

学校の責任       友松浩志


 今年の6月、宮城県石巻市の大川小学校を訪れました。教職に携わる者として、東日本
大震災の被災地で、最も気にかかる、弔問に訪れたい場所でした。津波により、児童74名
教職員10名の生命が一瞬にして失われた場所。戦争以外で、これだけの被害が集中した例
はないのです。
 あの3月11日の午後、大川小学校でも下校の時刻を迎えていました。帰りの集会が終わ
った頃、強い揺れを感じます。子ども達は上履きのまま、校庭に出ます。何人か家族が迎
えに来て帰宅。残った児童は78名。遠くから通っている児童のため、スクールバスも待機
していました。その間に、大津波警報が出されますが、なかなか避難の指示が出ません。
校長は年休で不在。教頭以下、教職員の協議が続きます。雪もちらつき始め、子ども達は
震えながら校庭で待っています。そして約50分後、避難を開始したところへ、10メートル
近い津波が押し寄せてきたのです。
 なぜもっと早く避難を開始しなかったのか、なぜ目の前の山に登らなかったのか、現在
法廷で争われている問題に、ここでとやかく言うことは出来ません。ただ、学校が地域の
避難場所に指定されていたこと、家族の迎えを待ったことなどが、裏目に出たのは確かな
ことだと思います。
 学校の管理下にいる子ども達は、すべて学校の責任で守られる。当然のことです。でも
保護者の判断が気にかかる。保護者への引き渡しを優先しようとする。高台の幼稚園から
海岸に向かって「帰りのバス」を発車させた判断もそこにあったように思います。でも、
大規模災害時には、保護者も自分の生命を守るのに必死なはずです。そんな時、保護者の
判断を待つ必要はない。保護者を待たずに、学校の判断を実行する。
 あの時、もし大川小学校の児童が早めに避難を始めていたら、あの地区の人たちも避難
を始めて、多くの生命が救えただろうという意見があります。ガレキも撤去され、学校の
廃墟以外何もなくなった荒地に立って、無念の思いが一層深まりました。

圓諦忌43回忌法要
- 記念講話でその業績を振り返る -
 11月16日、神田寺の先々代主管・友松圓諦師の43回忌法要が行なわれました。当日は、
檀信徒の皆さんや以前神田寺に奉職して下さった方々約40名が集まって下さり、はじめに
全員で、神田寺勤行式で聖歌・読経を勤めました。
 その後、大正大学名誉教授の石上善應先生から、記念講話を約1時間伺いました。石上
先生は、神田寺とは長いご縁があり、青年会活動に参加された青年時代の思い出や、
研究活動での圓諦師との様々なエピソードなど、感慨深くお話しして下さいました。
 また、圓諦師の独仏留学時代の業績や仏教革新運動についてもふれられ、「圓諦先生
の業績は、今こそ再評価する必要がある」と、締めくくられました。講演後、歓談。
夕方、散会しました。


他号の真理通信
 第78 第79 第80   81 第82号 第83号 第84号 第85号 第86号

 第87号 第88号 第90号 第91号 第92号 第93号 第94号 第95号 第96号

 第97号 第98号 第99号  第100号

    (故 友松圓諦師書)
101-0021 東京都千代田区外神田3-4-10
電話 0332518683  FAX 0332518684
お問い合わせ kanda-shinri@sunny.ocn.ne.jp